ヨーロッパの輸入壁紙でお部屋をトータルコーディネート

日本では白い壁紙が主流ですが、ヨーロッパでは壁紙は家によって様々です。

その違いは建物の構造体によるものです。石の文化のヨーロッパでは、構造体は長期にわたり継続的に残るため、「家は内装のインテリアを自分スタイルにしつらえること」と考えています。

換わって、木の文化の日本では、木は火によって消失してしまうため、「家は構造体であり、それを所有すること。」と考えます。

そのため、内装を仕上げた状態で販売する日本と異なり、スケルトン状態で販売するヨーロッパとでは、内装に対する考え方が異なります。

ルドファンでは、海外で生地の買い付けを行っています。会場ではさまざまな出展者が思い思いにブースをデコレーションしています。どの会社も同系色で様々な柄を展開し、カーテン、椅子、ベッドカバー、クッションをトータルでコーディネートすることが可能です。

モダンや、クラシック、様々なイメージに合わせ、カタログがコーディネートされています。

日本とは違いトータルコーディネートの文化がヨーロッパには根付いています。壁紙によって家のインテリアは大きく変化します。外観が変わらないヨーロッパでは、内装を変えることによって、家を自分のスタイルにしつらえることが常となっています。

トータルコーディネートの内装

ヨーロッパの壁紙もルドファンで取り扱っています。ご自宅の壁紙をトータルコーディネートしてみてはいかがでしょうか?詳しくはこちらのページをご覧ください。
輸入壁紙のご紹介

コーディネートのご相談お待ちしています。ぜひルドファンにお立ち寄りください。

カテゴリー: 壁紙, 製品、サービス、トレンド案内 タグ: パーマリンク
営業エリア