新築マンションのアクセントクロス張替え

新築なのに壁紙を張り替えるって…どういうこと?。
新築でご入居されるときは 当然 壁紙も真新しい壁紙です。
厳しい施主検査を通り お客様に引き渡されているので、不具合があるから張替えたいのではありませんよね。
新しいのに!まだ 汚れてないのに!もったいない!の波にのまれそうになりながらも張替のご要望があるのは 素敵に暮らしたいからだと思うのです。
ビニールクロスが汚れるまで何年も待つより、素敵になるのがわかっていたら思い切ってみませんか?

アクセントクロスを輸入壁紙で張り替えた施工例 その1

ここでご紹介するのは 新築のマンションのご入居の前に アクセントクロスで壁1面を張り替えたお客様のお部屋です。

リビング・洋室・寝室の3部屋の1面づつ 輸入クロスで張り替えました。
リビングは PURE MORRISの中の Pure Thistleです。

▲輸入壁紙でアクセントクロス張替えの施工例

書斎になるお部屋は モリスの新しいコレクションのシンプリーモリスの中のイチゴ泥棒。

▲シンプリ―モリスを使ったアクセントクロス施工例

人気のイチゴ泥棒も新しいコレクションでは明るい色味で表現されていて 重厚なモリスとは一味 違った雰囲気です。

寝室は COLE&SONの 白樺の壁紙です。

▲cole&sonの輸入クロスで張り替えたアクセント施工例

COLE&SONの壁紙の中でも ずっと人気の商品です。
白樺をベースにコレクションごとに少しずつモチーフが変わっています。

アクセントクロスを輸入壁紙で張り替えた施工例 その2

次にご紹介するお客様のお部屋は 子供部屋です。
モリスのHoneysuckleとLarkspurです。

▲ウィリアムモリス ハニーサックルの壁紙でアクセントクロス施工

▲細部まで綺麗に貼った輸入壁紙

▲ウィリアムモリスで壁紙とカーテンをコーディネート

大人になっても飽きずに過ごせるから大人っぽい柄を選ぶ?
いえいえ そうではなく お子様が成長されるときに
いいデザイン、いい色彩を見ながら、それが当たり前の空間で育つことの意味は大きな財産です。

きれいな色に囲まれて暮らすことって大切です。その色に囲まれることが自分のスタンダードになるからです。合わないものが入って来たときにそれを拒む感性も養われます。

お部屋作りって楽しいものです。ぜひご来店下さいね。
お待ちしております。

輸入壁紙を使ったアクセントクロス施工について

当店は輸入壁紙の施工実績がたくさんございます。
国産のビニール壁紙が決して悪いわけではないのですが、色やデザイン性にこだわるとどうしても限界が出てしまいます。
多くのお客様がたどり着くのが輸入壁紙。世界のデザイナーたちが研鑽しあって生まれたデザインは世界の人々を魅了しています。素材も紙、不織布、ビニールなど多岐にわたり、それぞれメーカーが指定する施工方法で丁寧に貼っていくのが輸入壁紙です。
当店では、輸入壁紙を理解している職人に加え、輸入壁紙に特化して育て上げた当社の女性職人が施工を担当します。
壁紙施工基本料金は12.5㎡(H2.5×W5m)まで¥35,000(税別) 左記以上は1㎡あたり¥2,000(税別)
※現調費、下地調整、発生材処分、器具等脱着、養生、家具移動、運搬費、交通費など現場の状況により別途かかります。

カーテンとのコーディネートもとても素敵ですので、ぜひご相談ください。

カテゴリー: リフォーム事例, 内装工事, 壁紙, 輸入壁紙 タグ: , , パーマリンク

強み

お問合せ