傾斜窓の日差し対策や紫外線対策はルドファンまで!|東京都目黒区の施工例

夏の傾斜窓は、日差しが差し込み、暑いと感じている方も多いかと思います。傾斜窓にカーテンはつくのか?何をつけたらベストなのか?遮熱機能のものはあるのか?傾斜窓にお困りでしたらぜひルドファンまでお越し下さい。

日差しなど傾斜窓の悩みを解決!

今回ご紹介するのは、傾斜窓ロールスクリーンの交換です。今まで遮光のロールスクリーンをご使用頂いていたとのことでした。

昨今の夏はとても暑く日差しも強いものです。そこでニチベイ社の【シルバースクリーン】をご提案させて頂きました。

日差しを抑えるシルバースクリーンとは

【シルバースクリーン】とは夏は平均約77%の高い日射率で、日射熱をカットし、室温の上昇を抑え、空調機器のランニングコストを節電します。冬は、裏面のアルミ蒸着が高い断熱性能を発揮して、お部屋の温度を保ちます。

また、効率よく日射熱をカットでき、窓際の温度上昇を抑え、また紫外線も約95%カットするので、大切な家具の日焼けも防ぐことができスペースの有効活用が可能になります。

夏にとても良い商品ではありますが、実は冬にも活躍が期待できる商品です。

傾斜窓の対策

シルバースクリーンは写真を見て頂ければわかると思いますが、スクリーンを閉めていても外が見えます。お部屋が暗くならないのが良いですね。

窓

窓枠内に取り付けをする場合、どうしても両脇に隙間ができてしまいます。ルドファンでは最初のお打ち合わせから納品(取付け)までを一貫して1人の担当者が担当します。もちろん採寸も同じ担当者が行いますので、隙間を最小限にして製作致します。(小さい窓の場合、隙間がとても目立ちます)

『そんな小さいこと』と思われるかもしれませんが、とても大事なことです!担当者が一貫して行うルドファンだからこそできる製作です!

節電フェアでお得に傾斜窓の日差し対策を!

現在、9月30日まで節電フェアを開催しております。今回ご紹介させて頂きました【シルバースクリーン】も対象商品です。この機会にぜひルドファンにお越し下さいませ。

カテゴリー: ロールスクリーン, 天窓・高窓・傾斜窓, 遮光, 遮熱 パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ