プレーンなレースカーテンで表情豊かな窓に

プレーンなレースを使って窓を飾る3件の施工例をご紹介します。うすいレースの生地はアレンジ次第でいろいろな表情を作ることができます。今回は、そんなシンプルなプレーンレースを使った施工例のご紹介です。

シンプルな薄いレースカーテンで窓辺を装飾

まず 大きな窓にセンタークロスというスタイルです。レール幅の1/3を重ね合わせています。センターの部分をななめに長めに作ってスタイリングしたときに裾がそろうようなお仕立てと 普通に作ってタッセルの長さと位置で見せるやり方があります。この場合は 共布のタッセルで調整しています。
 
カーテン

次は 小さな窓にセンタークロスのスタイル。開け閉めが必要でない窓で センタークロスにしてあいた下部分にお気に入りをディスプレイします。上部は ギャザー仕様に成っています。この場合はレール寸法より少し短めに作るとギャザー部分がぴんと張ってきれいに仕上がります。眺める窓ですね。

カーテン

そして  縦長の2連の窓。よくあるのは メカものといわれるブラインドやロールスクリーン・ファブリックで作ったローマンシェードなどがありますが、これだけ縦横の比率が大きいとメカものは巻ずれの心配があったりします。こちらのお家はキッチンの横でしたので メンテナンスが楽なように カフェカーテンを2重にしました。手前のレースのみ タッセルでとめてスタイルを作ってあります。レールは TOSOのスリットキューブです。壁にぴたっと付く感じが導線の邪魔にもならず、しかも簡単に取り外せてご家庭で洗えるので 便利です。

カーテン

カーテン

カーテン

 
プレーンなレースでスタイルを楽しんでみませんか?
ライフスタイルや お好みによってご提案させて頂いてます。

カテゴリー: カーテン, レースカーテン パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ