カーテンとレースバルーンシェードの組み合わせ | 東京都世田谷区の施工例

今回は、ドレープ(厚手)カーテンとレースバルーンシェードの施工例です。

レースバルーンシェードの施工例

バルーンシェードとは、その名前の通り、バルーンのようにふんわりと丸みのあるスタイルのシェードです。通常のシェードはストンとしたシンプルな形をしているのが多いですが、このバルーンシェードはその形状のおかげでお部屋が華やかに演出されます。

今回施工させていただいたお客様は、掛け替え前からレースバルーンシェードをご使用されており、類似の生地でレースバルーンシェードをご希望でしたのでお仕立てしました。

また、ドレープ(厚手)カーテンは白地にダマスク柄の生地です。タッセルタイバックについても生地にお色を合わせて選定しました。

ダマスク柄とは、紋織物の柄の一種で草木や花、実などがモチーフになった継ぎ目のない柄を指します。エレガントな雰囲気を演出してくれる素敵な柄です。

balloon1

balloon2

balloon3

窓装飾はお部屋の印象を大きく変えます。

今回はドレープ(厚手)カーテンにレースバルーンシェードの組み合わせでしたがカーテンの組み合わせは無限大です。

ルドファンにてお好きな組み合わせをご相談下さい。

現在10月31日(土)までお得なキャンペーンを開催しております。ぜひこの機会にインテリアを素敵にしてみてはいかがでしょうか!

カテゴリー: カーテン, シェード, フリンジ・トリム・タッセル, レースカーテン パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ