シェルシェード(ハニカムスクリーン)のお取付施工事例のご紹介 | 東京都世田谷区

キューセント㈱のルーセントホーム シェールシェード(ハニカムスクリーン)をお取付した施工例です。

今回お取付したシェールシェードは、ドラム・トップ・オープンタイプという操作方式を採用し、セミオパーク(採光タイプ)の生地を選定しております。

ドラム・トップ・オープンタイプとは

通常商品(生地)を上げるか下げるかしかできないのですが、このトップ・オープンタイプは上からも下からの上げ下げを可能にし、必要な分の光を窓の外より取り入れることができます。

また、今回ドラム型にしておりますので、両サイドのループコードを使用し上げ下げをします。

※コードレスタイプもございます。コードレスタイプは商品を手で持って上げ下げをします。

今、シェルシェード(ハニカムスクリーン)は、とても人気でリビングから和室まで幅広くご使用できるのも魅力の一つです。
当店では、特に今回ご紹介しておりますトップオープンタイプを良くお取付させて頂いております。

全閉状態のキューセントルーセントホーム シェルシェードドラムトップオープン

【全閉状態】キューセント ルーセントホーム シェルシェード ドラムトップオープン

トップオープンした状態

【トップオープンした状態】

トップオープン及びボトムアップした状態

【トップオープン及びボトムアップした状態】

今回は、既存カーテンはそのままにシェルシェード(ハニカムスクリーン)をお取付しています。

以前はレースプレーンシェードを使用していたので、取外して同じ場所にお取付しています。

シェルシェードのトップオープンタイプはプライバシーを守りたい箇所のみ閉め、光を入れたいところは開けとくことができるので、とても都合よくご使用頂けます。

また、忘れていけないのが、シェルシェード(ハニカムスクリーン)は中がハニカム構造(蜂の巣構造)になっておりまして冬は室内の暖かさはそのままに外からの冷気を空気層が守ります。

また、夏は逆で冷房を使用している状況で、室内を涼しく保ちながら、外からの暑い日差しを空気層で遮りることにより室内環境を良くします。

当店では、サンプルもご用意しておりますので、本物を手に取ってご覧頂けます。
また、現在遮熱フェアも開催しておりますので、この機会にぜひご来店下さい。

カテゴリー: ブラインド パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ