外からの視界を防ぐには、穴のないスラットがおすすめ!ブラインドの施工例

普段生活をしていて、外からの視線が気になった経験はないしょうか?

今回ご依頼を受けたご自宅は、道路を挟んだ向かい側にオフィスビルがあります。施工場所であるキッチンは全面が窓になっていて、向かい側にあるオフィスは少し高く、キッチンを見下ろすような状態になっています。

今回ご要望されたのは、オフィスからの視界を防いでプライバシーを確保すること。また施工場所であるキッチンも考慮に入れ、ブラインドを提案しました。

タチカワブラインドから最近発売された「パーフェクトシルキー」は従来のブラインドとは違って、スラット(羽)の部分にコードを通す穴がなく、遮蔽性に優れています。

今回はこのパーフェクトシルキーをご紹介します。

通常のブラインド

こちらは通常のブラインドです。スラットの穴にコードを通して固定しています。

パーフェクトシルキー

こちらのパーフェクトシルキーは通常スラットにある穴がなくきれいに納まっています。

従来のブラインド横から

従来のブラインドを横から見ると、スラットの間に若干隙間があります。

しかしこちらのパーフェクトシルキーはスラットの角度が垂直に近く、ぴったりと隙間を作らず閉じていることがわかります。このため外からの視線を防ぎ、光漏れも少なくなります。

パーフェクトシルキーはこれから徐々に寒くなる冬場にも活躍します。このようにしっかりスラットが閉じるため、隙間から暖まった熱が逃げるのを防ぎ、断熱効果が期待できるのです。反対に暑い夏場は、遮熱コートのスラットにより光を反射させることで室内を涼しく保つなど、年間を通して省エネ効果があります。

パーフェクトシルキー

パーフェクトシルキーの良さにメンテナンスのし易さが上げられます。

パーフェクトシルキーはコードがスラットを通過していないため、切込みを入れることでずれないように工夫されています。そのためスラットが壊れてしまっても、スラット1枚を引き抜くだけで簡単に交換していただけます。

また今回の施工場所であるキッチンは油などで汚れやすい場所です。そのため汚れが落ちやすい「フッ素コート」というスラットを提案しました。さらに汚れが光に当たると分解する「酸化チタンコート」というスラットもあります。

たとえ日差しのあたらない窓でも、こちらのスラットは太陽光だけでなくお部屋の照明の光でも反応して分解するという効果があります。これはスラット自身で汚れないように保つことができる優れものです。

ブラインド

全体を見ると穴からの光漏れもなく、見た目にもすっきりと見えることがわかります。ブラインドというとオフィスで使用されるイメージが強いですが、穴がないことでスタイリッシュに見せることができます。またカラーバリエーションも豊富なので、全面を鮮やかな色にしても楽しめます。

窓廻りは新しい機能が次々と開発され、日々進化しています。パーフェクトシルキーは従来のブラインドとは違う、遮蔽性、省エネ、防汚、さらに見た目にもきれいなアイテムです。ルドファンでは新しい製品も随時取り揃え、お客様のニーズに合わせて様々にご対応させていただきます。ぜひ一度お店までお越し下さい。

カテゴリー: ブラインド パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ