アコーディオンカーテンをお取付けした施工例【保育園間仕切り】

アコーディオンカーテンとは、ドアのような形をした左右に開け閉めできる間仕切りカーテンです。

カーテンとうたってはいますが、どちらかというと簡易的なドアといったほうがしっくりきます。

ご家庭では、洗面所やトイレなどに設置することが多いのではないでしょうか。
また、間仕切りとして多種多様にお使い頂くケースが多いかと思います。

今回ご紹介するのは、保育所の間仕切りとしてアコーディオンカーテンをお取付けした施工例です。

保育所の間仕切りとしてアコーディオンカーテンをお取付け

保育所の一部を間仕切るにあたり条件としまして、クリアタイプということがございました。

クリアタイプにすることで間仕切っていても向こう側が確認できる視認性が必要との事で今回ニチベイ社のスケルトン(透明)タイプのグリッドという商品をご採用頂きました。

グリッドは、名前の通り、ただのスケルトンではなく縦横に等間隔にシルバーラインが入っており、通常のスケルトンよりオシャレです。

アコーディオンカーテンは、左右上の3方でとめます。
ですので、床にはビス止め等がない為段差ができずバリアフリーにもご対応できますし、保育所でお子さんがつまずいて転ぶということもありませんので安心してお使い頂けます。

保育所の間仕切りとしてアコーディオンカーテン

アコーディオンカーテンは、ドアタイプの商品ですので、引き戸のように把手をつかんで開け閉めをします。

け閉めの際も通常のドアのように開け閉めが出来ますし密閉性もありますので使いやすいです。

密閉性もあります

ルドファンでは、保育所をはじめ、病院や、学校、商業施設(テナント様含む)など幅広くご対応しております。

また、自宅と違いできるできないなど専門店でしかご対応できないことも多々あるかと思いますのでオシャレをご希望でしたらぜひご来店下さい。

カテゴリー: カーテン, 間仕切り パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ