シャープシェードの施工例

シャープシェードとは

プレーンシェードの生地の裏側に
細いバーを入れて横のラインを強調するスタイルのシェードです。

バーが入ることによって 生地をたたみ上げていくときに きれいにたたみあがります。
バーとバーの間の寸法をピッチといいますが
シャープシェードの場合は自由に設定できます。
仕上がりをどんなふうに見せたいかでピッチを決めていきます。

今回は店内に展示してあるサンプルを基にお客様と仕上がりを打ち合わせ致しました。

シャープシェード:横にバーが入っているタイプのシェード

シャープシェード:横にバーが入っているタイプのシェード

ピッチ:バーとバーの間の寸法

ピッチ:バーとバーの間の寸法

シェードの生地選び

シャープシェードの横のラインをきれいに出すために 広幅の生地を使うといいですね。
通常の生地は 140cm巾が多いのですが 300cm巾の横使いの生地を使うことによって
ハギ目が入らずきれいに仕上がります。

こちらのシャープシェードで採用していただいた生地はVILLA NOVAの人気の生地、VALETTAという生地です。
コットンとポリエステルのが半分くらいずつ入った広幅の生地です。
色数も豊富で ニュアンスカラーといわれる色も豊富です。

海外のサンプルブックを眺めていると 品番といわれる数字で表した番号表記とは別に
色の名前がユニークで楽しいのです。

自然界にある鉱物や植物、動物、海の生き物などの名前がつけられています。
同じサンプルブックの中にも 鳩という意味で pigeonとdove があり、番号表記だけのものより親しみがわきます。

今回ご紹介したシャープシェードはsilverという名前がついていました。

シャープシェード たたみあげた状態⓵

シャープシェード たたみあげた状態⓵

シャープシェード たたみあげた状態②

シャープシェード たたみあげた状態②

シャープシェード 全体の様子⓵

シャープシェード 全体の様子⓵

シャープシェード 全体の様子②

シャープシェード 全体の様子②

シェードのご相談お待ちしております。

シャープシェードはメカの仕様で甘さを抑えられ、ファブリックを使うことによって
お部屋に柔らかさも出ます。

シェードにも様々な種類がございますので ぜひ ご相談くださいね、

カテゴリー: カーテンレール, 未分類 タグ: , パーマリンク
営業エリア

強み

お問合せ